FX取引の仕組み

FX取引は少ない証拠金(保証金)で取引に必要なお金を借りて、大きな外貨トレードを行う取引です。
このような少ない自己資金で大きな取引を行うことをレバレッジ効果と呼びます。

例えば、10万円を証拠金としFX会社に預け、それを担保に1万ドルほどの取引に必要な資金を借り入れて外貨を売買するという仕組みです。
もっと詳しく説明してみると、10万円に対し、1ドル=110円の1万ドルの米ドルを買うと110万円の米ドルに投資していることになります。証拠金として10万円を預けているので取引している金額は11倍になります。ここでもし安ドル高が進み、1ドル=115円になった場合、110万円から115万円になり5万円の為替差益が生じてきます。証拠金は10万円だということを考えるとそのうち5万円の利益なので50%の利益率になっていることになります。

逆に、円高ドル安が起こり1ドル=105円になってしまうと5万円の為替差損が起きてしまい50%の損失が生じてしまうことになります。
このようにFX取引は多大な利益を得ることができる反面、思惑通りに動かなかった場合、元本以上の大きな損失が生じるリスクがあることも考えておかなければなりません。


FX 人気ランキング

口座開設お申込みまでの流れ

証券口座を開設する前に

ネット証券口座開設案内

人気の株

初心者の為の株取引の基礎知識

注目!夜間取引について

株で儲けるためのポイント

株式用語

システムトレードについて

株関連、注目情報!

FX

リンク集

Copyright © 2006 ネット証券 口座開設・資料請求. All rights reserved 運営者